ひとくちに投資顧問会社といっても、色々な特徴を持って運営しています。多くの投資顧問業者の中から優良なものを選ぶのは大変ですよね。当サイトではさまざまな投資顧問会社を紹介していますので参考にしてみてください。

三菱地所投資顧問の概要と私募リートについて

三菱地所投資顧問株式会社は、2001年に設立された不動産アセットマネジメント会社です。三菱地所投資顧問株式会社は、三菱地所株式会社、三菱地所リテールマネジメント株式会社、三菱地所リアルエステートサービス株式会社などの三菱地所グループ各社との緊密な関係を活かしたファンド運用を行っています。
三菱地所投資顧問株式会社では、投資対象不動産の発掘から、ファンドの組成、運用、クロージングまでを統一して行っているのが特徴です。投資・運用の戦略においては、安定的なインカムゲインを得ることを第一に、コア型のファンドを主たるターゲットとしていますが、マーケット環境の変化にも迅速に応じており、バリューアッド型やオポチュニスティック型の商品についても検討しています。さらに、メインの投資対象であるオフィス、賃貸住宅、商業施設、物流施設はもちろんこと、マーケットの状況と三菱地所投資顧問の独自の強みを照らし合わせ、他の投資対象資産も検討するなど柔軟な対応を行っています。さらに、2011年3月にはオープンエンド型私募リートの「日本オープンエンド不動産法人」の運用を開始しています。このオープンエンド型私募リートでは開始以降8回の増資を行い、新たな物件を取得した結果、同年10月までに運用資産規模が2,315億円に到達しました。これは、国内でも最大級の私募リートとなっています。国内私募リートの銘柄数やマーケット規模が拡大傾向にあるとともに、安定したポートフォリオ、目標利回りを超える配当トラックレコード、三菱地所グループとしての充実したサポート体制といった点が投資家から高い評価を得、このような成長を遂げたといえます。