ひとくちに投資顧問会社といっても、色々な特徴を持って運営しています。多くの投資顧問業者の中から優良なものを選ぶのは大変ですよね。当サイトではさまざまな投資顧問会社を紹介していますので参考にしてみてください。

情報配信をする投資顧問

投資顧問といっても色々なものがありますが、ここ最近では投資に関する助言を行っているものも多くあります。投資に関する助言とは、たとえば上昇が予想される銘柄がどのようなものなのかを教えてくれると言えばわかりやすいでしょう。助言の形態にも様々なものがあります。

その一つが相談形態です。顧問として相談に乗ることによって助言を行います。本来の顧問の形だと言えるでしょう。相談を受けるためには料金を支払わなければならないのが普通で、投資顧問はそれによって利益を得ているわけです。ちょうど、顧問弁護士が顧問料を要求するのと同じです。相談形態では詳しく細かいことまで指示を行ってくれますから、顧問としては最もサービスの暑いものだと考えられます。

その次にサービスが暑いのが指図形態です。買い注文を入れる値段や枚数などまで指示をしてくれます。その通りに取引をしていれば設けられるわけで、契約形態は成功報酬になっていることが多いです。実際に売買をしていなくても、指示があればそれによって報酬が発生するという仕組みになっています。

最近では情報提供のみを行うものが多くなってきています。有望銘柄を紹介するだけで、それによって情報料を得ます。たとえばメール配信によって有望銘柄を紹介するものは多くありますが、これらは情報提供のみを行う投資顧問として活躍していることが多いです。

そのほかにはソフトウェアを販売する投資顧問もあります。自動的に株価の情報を収集して分析を行い、買いサインや売りサインを提示してくれるというソフトウェアを販売するといった形になります。アフィリエイトなどを活用して大々的に販売するケースもあり、収益理念としては適しています。