ひとくちに投資顧問会社といっても、色々な特徴を持って運営しています。多くの投資顧問業者の中から優良なものを選ぶのは大変ですよね。当サイトではさまざまな投資顧問会社を紹介していますので参考にしてみてください。

投資顧問による少額投資非課税制度のメリットデメリット

投資のハードルを低くして、多くの人に投資に参加してもらうために出来た制度に少額投資非課税制度があります。多くの投資顧問のおいても活用の推奨をしていますが、そこでは詳しい説明が行われ、メリットデメリットの確認をしてもらった上で投資への参加を進めています。
少額投資非課税制度のメリットは、なんといっても売却の利益、また配当金に対しての非課税があります。利用する場合には、この特徴を最大限に生かす必要がありますが、投資顧問においては詳しい説明を行ってくれます。現在、株式や投資信託で得た配当や譲渡益に関しては20%の課税がなされていますが、少額投資非課税制度を利用することによって、毎年100万円までは非課税となり、投資を始めた年から、、それぞれ5年目の年末までが当初の非課税期間扱いとなるために最大で500万円までは非課税投資が可能となります。
デメリットとしては、まず、売却損が切り捨てとなり、かつ、その他の口座での売却益や配当金とを相殺することが出来ないことがあります。通常株式等の取引においては損益通算が可能となっているために売買の利益と損益を通算して税金を納めることになっていますが、少額投資非課税制度で購入をした株ではそれができなくなっており、損が出た場合には切り捨てられてしまうことになります。株は上昇する場合や下落をする場合がありますが、下落をした場合には塩漬けの判断をする場合もあり、このような場合では不利な内容となります。次に、売却をしても非課税枠が復活しないことがあります。例えば、100万円分の株式を年内に売却をした場合などでは非課税枠の使用は1回限りとなり、繰り返して使用することはできなくなっています。つまり、トレンド売買はできないことになります。
少額投資非課税制度は長期保有が前提であり、安定したリターンが出来る金融商品を上限の5年間投資するのに向いている方法と言えます。